内緒で借りれるところをお探しですね?

主婦キャッシングおすすめはどこ?

今月ピンチだから、家計の足しにしたい。
夫に内緒で、借り入れしたい。
そして、内緒で使いたい・・・ムフフ。

 

そう思うことってよくありますよね。

 

また、本当は家族に相談したいんだけど、相談してる時間もないっていうこともあると思います。
一刻を争う事態。そんなこともありますよね。

 

そういう時は、無収入の専業主婦でも、夫の収入証明書不要で借りれるという銀行系のカードローンを利用しましょう。
審査が早くて即日で振り込んでくれるところだけを紹介しますね。

 

みずほ銀行カードローン

専業主婦がキャッシングできる!無収入の主婦でも審査OKのローンガイド

 

申し込みから利用までネットで手続きできる「WEB完結申し込み」が人気。
内緒で借りたい女性にはうれしいサービスですね。

 

今更聞けない総量規制って何?主婦にとってどう関係があるの?

総量規制と主婦の関係

総量規制について先ず、解説しますね。
総量規制は2010年6月貸金業法改正に伴い導入された物です。
年収の3分1をこして、融資を行わないと言う物です。

 

簡単に書くと年収600万円の人は最大で200万円までしかお金を借りる事ができません。
3分1で200万円でも十分危険なラインです。

 

そしてこの総量規制で一番煽りを受けたのが専業主婦の方です。
専業主婦の方は、この法律が改正されるまで、消費者金融で簡単にお金を借りる事ができました。
しかし法律改正後は消費者金融で専業主婦の方がお金を借りる事は出来なくなりました。

 

この総量規制が導入された背景には、専業主婦の方を含めた多重債務者が自己破産する人が後を絶たず、その為この法案は国会にまで持って行き、結果賛成多数で可決され、この法律が施行される事になりました。

 

主婦に関する影響は専業主婦は先述の通りです。
パート収入等収入のあるかたは、年収の3分1の範囲でお金を消費者金融などで借りる事は出来ます。
お金を借りると言う事は借金すると言う事を十分認識して下さい。

 

専業主婦はそれではお金を全く借りる事ができないのか?総量規制対象外であればお金を借りる事が出来ます。
その最たる金融機関が銀行系カードローンです。

 

 

主婦がお金を借りる。審査に通りやすい借り入れ目的ってある?

主婦が借りやすい目的は?

主婦がお金を借りる場合、パート収入がある主婦と、全く収入のない専業主婦に分かれます。
この2つのケースはお金を借りる上では全く異なります。
全く収入がない人と、収入がある人。総量規制が導入されている今、借りる場所も違います。

 

先ずパート収入のある主婦は消費者金融でもお金を借りる事が出来ます。
審査に通り易い借入目的は一応フリーローンですから、何でも使用使途は良いのですが、ギャンブル目的などは貸してもらえません。
敢えて言うと審査が通りやすい理由としては、医療費です。
消費者金融も使い道が医療費との申告なら、余程問題がない限り審査は通ります。
余談ですが、高額医療費の請求をすれば、大部分が還元されるので、一時的な支払いと考えれば、返済不能になるリスクは低いです。

 

一方専業主婦は、消費者金融からの借入が出来ませんので、必然的に、銀行系カードローンに頼らざるを得なくなります。
しかし、総量規制の対象外なので専業主婦御用達です。

 

お金を借りる時の使用使徒はこちらも医療費や健康管理目的なら大丈夫でしょう。
生命に関わることですから、しっかり借りておかないと心配ですよね。
ただし、医療費のように特定の目的で借りるのではなく、生活費全般に使う目的で借りるのは避けたほうがよいです。
なぜなら生活費は毎月決まった額がかかりますから、節約をしないかぎり改善されません。
なので、借入の前に家計の見直しをはかったほうがいいですね。

 

 

専業主婦がキャッシングすると、夫の信用情報に影響はある?

借りると夫に影響は?

専業主婦のキャッシングの場合総量規制対象外の銀行系カードローンがメインになってきます。
この場合専業主婦ですから、当然の事ながら本人の収入はありません。
しかし、信用情報機関で対象者の妻の信用情報は見ます。

 

年収は、申告した物をベースに審査を通過すれば、お金は総合的に判断した金額が融資されます。
希望額が30万円でも20万円が融資額になる場合もあります。
全ての申し込み者に満額融資する事はありません。
当然審査の結果お断りされる事があります。その理由はいかなる理由でも開示してはくれません。

 

ここで夫の信用情報が問題になってきますが、貸し手側が見る権利があるのはあくまでも、申し込み者のみ。
つまり夫の信用情報を見る事はありません。

 

見た場合は違法行為になってしまいます。
その為、ご主人の信用情報が照会される事はありませんので安心して下さい。
この問題は専業主婦の方が一番気にしている問題です。
自身に収入が無い為、ご主人の収入等を入力する欄があります。
ここが、専業主婦の方を不安に陥れている要因の一つです。
夫の信用情報を閲覧される→夫に、自分が借り入れしていることがバレる。
こうなるんじゃないかと考えて不安になりますよね。

 

繰り返しますが、貸金業者が見る信用情報は、借り入れ申込者本人だけになりますので、業者経由で、夫に借金がバレることはありませんのでご安心を。

 

専業主婦の私でもお金を借りることができました

借りれてよかった

実家の母から、父が交通事故で入院をしたから直ぐに病院にきてくれ、と電話があり、私は急いで病院に行きました。
幸い命に別状はありませんでしたが、保険等には未加入だったそうで、入院費をどうすればいいのかと、母は悩んでいました。

 

父も母も年金暮らしなので、お金を借りることは正直難しいだろうと思いました。
ですが、私も専業主婦なので消費者金融からは借りいれすることが出来ません。
夫に相談出来ればいいのですが、普段から少ないお小遣いでも文句1つ言わない優しい人なので、実家の父や母のことで迷惑をかけたくはありませんでした。

 

ネットで調べると、銀行もカードローンなら専業主婦でもお金を借りることができることが分かりました。
しかも、夫に知られずに借りられるというのが、一番嬉しいことでした。

 

私は早速お金を借りることにしました。
父の退院の日、私が入院費の支払いを済ませると、母は泣きながら感謝してくれました。
今まで育ててもらったのだから、これくらいの恩返しをしても当然だと私は思いました。

 

ある程度まとまったお金を借りることが出来たので、身体の傷が癒えるまでは父にはゆっくりとしてもらいたいから、温泉旅行をプレゼントしました。

 

父も母も、専業主婦の私がお金を用意出来たことに疑問を抱いたのか、心配そうにお金の出所を聞いてきましたが、
「今までへそくりをしていたから大丈夫」と嘘をつきました。
両親に吐いた始めての嘘ですが、理由のある嘘なら許されるだろうと思っています。

 

 

キャッシングでお金を借りることは、恥ずかしい、なんだか罪のように思われている節もあります。
特に専業主婦が借り入れするとなるとなおさらではないでしょうか。

 

お金を借りたいけどためらってしまう。そういう女性にとって役に立つ情報を提供していきたいと思います。