主婦でも借りれるキャッシング業者の選び方は?

主婦でも借りられる賢い業者の選び方は、先ず金利が低い業者を探します。
これをやると必然的に銀行系カードローンに辿りつきます。
総量規制についての記事でもお伝えしましたが、専業主婦の方は基本的に、銀行系のカードローンしか借りれません。
なので必然的に、イオン銀行やオリックス銀行などの有名カードローン業者を選ぶことになります。

 

消費者金融のほうが、融資額は多い傾向にありますが大手の消費者金融でも、上限金利一杯の18%の所が多いです。
100万円も借りれば、少しは金利が下がるかもしれませんが、そんなに融資が降りるとは限っていませんし、そもそも主婦の方の融資枠は小さいです。
それに比べて、銀行系カードローンは、14.5%前後が大半です。この3.5%が侮れません。

 

一括で返済する主婦の方はまずいないでしょうから、結局返して借りてを繰り返すとこの3.5%の差が意外に重くのしかかってきます。

 

返済時のことを考えて業者は選ぶ

即日融資、最短審査30分と聞くとそちらに飛びつきたくなりますが、よほど大慌てでない限りは金利が一番安いところを選びましょう。

 

もしあなたが生活費を借りるとするなら、なおさらです。
今余裕がない中から、さらに今後返済をしなくてはならないからです。
50万円を1年間借りると、金利18%なら9万円ですが、14%なら7万円。年間で2万円も変わってきます。
1回分の返済額くらい違ってきます。

 

最後にもう一つ。
お金を借りるのは自由ですが、必要最小限のお金以上は絶対に借りない事です。ひとつは借金で借金をしないための防止策です。幾ら金利が低い業者を選んでも、返しては借りてでは意味がなくなってしまいます。
もう一つは、あまり希望額を大きくし過ぎると審査に時間がかかってしまうこともあり、最悪の場合は審査落ちすることもあるからです。
お金を借りる時は逆算して借りる位のしたたかさが重要です。
以上のような点を考慮してキャッシング利用することをおすすめします。

 

専業主婦がキャッシングトップページへ戻る

主婦でも借りれるキャッシング。業者の選び方は?記事一覧

専業主婦の方に取って、幾ら位お金を借りられるのか?非常に気になる問題だと思います。まず、専業主婦がお金を借りられるのは、銀行系カードローンです。これは、トップページでも紹介しましたが、総量規制対象枠の問題に関わってきます。消費者金融は以前は借りる事ができましたが、総量規制の導入によりお金を借りる事が出来なくなってしまいました。しかし、法律で決められた物ですから、これは仕方がありません。法律に業者も...

審査に落ちる理由は色々とあります。専業主婦と言う事は独身時代に作った借金が残っているケースがあります。この場合は債務額によっては審査に落ちる事が考えられます。独身時代は収入がありましたから、それなりにお金を借りる事が出来た筈です。独身時代、なんらかの借金を作ってしまったという方は意外に多いものです。旅行、ブランド品、買い物・・・理由は様々ですがその借金がまるまる残っていると、借りる前にある程度残金...

配属者、即ち夫の会社に在籍確認があるかないか?これが大きな問題ですね。妻としては、夫の会社に在籍確認されるのが一番困る訳ですよね。実際の内容はどうなっているのか解説していきたいと思います。先ず申し込みの際に飛ばしがちな約款。ここは必ず面倒でも読まないといけません。会社によって配偶者の会社に在籍確認をすると明記してある会社もあります。しかし在籍確認を行う会社は少数派です。しっかりと約款を読んで在籍確...

キャッシングを行う主婦の中には、多重債務に陥ってしまう人もいます。多重債務とは、1社からの借り入れだけではなく、その他の複数の金融業者から借り入れをする事を呼びます。まさに地獄。借金まみれの地獄です。多重債務になってしまう原因としては、借り入れに計画性を持たずに借り入れをしてしまう場合に多く起こりがちです。1社から借り入れをした返済を他の金融業者から借り入れをしたお金で返済をすることを初めてしまう...

土日のキャッシングは、対応している会社と対応していない会社があるので事前リサーチは必ず必要です。平日よりも営業時間を短縮している会社が殆どなので、ここも十分事前リサーチをしなければいけません。一昔前までは、土日の申し込みは、月曜日回しでしたが、今は審査が通れば、ネットで申し込んで無人契約機でカードを受けとり、ATMでお金が引き出せる時代になりました。時代の流れを感じますね。土日はお金を借りられない...

専業主婦がお金を借りる時、借りやすい理由と借りにくい理由があるということ、ご存知でしたでしょうか?同じステータスの専業主婦が同じ金額のお金を借りる場合でも、キャッシング業者がお金を貸してくれる場合と貸してくれない場合があるんです。「同じ金額のお金を同じステータスの人が借りるなら、理由なんて何でもいいじゃないか!」と思われるかもしれません。しかし、借りる理由によって「お金がしっかりと返済できるか否か...